頑張る社会保険労務士/社労士受験生を応援するサイト

社会保険労務士最短最速合格法
 社会保険労務士 最短最速合格法 >> ミラクル・りんちゃんの1日1問

かおりん・ミラクルの1日1問
1日1問ずつ問題を提供していきます。学習の確認にお使いください。
 >> 過去問へ
2019年 8月 13日の問題  労働保険料徴収法25
二以上の事業が次の要件に該当する場合には、徴収法の適用については、その全部が一の事業とみなされる。
① 事業主が同一人であること。
② それぞれの事業が、事業の期間が予定される事業であること。
③ それぞれの事業の規模が、厚生労働省令で定める規模以下であること。
④ それぞれの事業が、他のいずれかの事業の全部又は一部と同時に行われること。
⑤ その他厚生労働省令で定める、以下イから二の要件に該当すること。
イ それぞれの事業が、建設の事業又は立木の伐採の事業であること
ロ それぞれの事業の種類が同じであること 
ハ それぞれの事業に係る労働保険料の納付の事務が一の事務所で取り扱われること 
ニ 機械装置の組立て又は据付の事業以外の事業は、それぞれの事業が、保険料納付事務を取り扱う事務所の所在地を管轄する都道府県労働局の管轄区域等で行われること
答え: ×



Copyright(C) 株式会社ブレインコンサルティングオフィス