頑張る社会保険労務士/社労士受験生を応援するサイト

社会保険労務士最短最速合格法
 社会保険労務士 最短最速合格法 >> ミラクル・りんちゃんの1日1問

かおりん・ミラクルの1日1問
1日1問ずつ問題を提供していきます。学習の確認にお使いください。
 >> 過去問へ
2020年 7月 1日の問題  社会保険に関する一般常識22
次の記述のうち、正しいものはどれか。

A 確定給付企業年金法によると、老齢給付金の受給権は、老齢給付金の支給期間が終了したときにのみ消滅する。

B 事業主(基金を設立して実施する確定給付企業年金を実施する場合にあっては、基金。「事業主等」という。)は老齢給付金と脱退一時金の給付を行うが、規約で定めるところにより、これらの給付に加え、障害給付金と遺族給付金の給付を行うことができる。

C 基金型企業年金を実施する事業主は、その設立について財務大臣の承認を受けなければならない。
答え:



Copyright(C) 株式会社ブレインコンサルティングオフィス