頑張る社会保険労務士/社労士受験生を応援するサイト

社会保険労務士最短最速合格法
 社会保険労務士 最短最速合格法 >> りんちゃん・マッチの1日1問

りんちゃん・マッチの1日1問
1日1問ずつ問題を提供していきます。学習の確認にお使いください。
 >> 過去問へ
2021年 6月 4日の問題  国民年金法22
次の記述のうち、正しいものはどれか。

A 令和2年10月31日に出産予定である第1号被保険者(多胎妊娠ではないものとする。)は、令和2年6月1日に産前産後期間の保険料免除の届出をしたが、実際の出産日は令和2年11月10日であった。この場合、産前産後期間として保険料が免除される期間は、令和2年10月分から令和3年1月分までとなる。

B 第1号被保険者(産前産後期間の保険料免除及び保険料の一部免除を受ける者を除く。)が、生活保護法による生活扶助を受けるに至ったときは、その該当するに至った日の属する月の翌月からこれに該当しなくなる日の属する月の前月までの期間に係る保険料は、既に納付されたものを除き、納付することを要しない。

C 学生等である第1号被保険者は、保険料を納付することを要しないものとすべき月の属する年の前年の所得が一定額以下の場合、厚生労働大臣に納付特例を申請しその指定する期間について、既に納付した期間及び前納した期間を除き、保険料の納付を要しないものとされる。
答え:



Copyright(C) 総合事務所ブレイン