頑張る社会保険労務士/社労士受験生を応援するサイト

社会保険労務士最短最速合格法
 社会保険労務士 最短最速合格法 >> 平成31年度 リベンジ組西日本 受験生日記
ヒイロ さん
40歳2児の父です。厚年が1点足りませんでした。もう一度気持ちを奮い立たせます。




ヒイロ さん の受験生日記

2019年10月31日(木) お姫様になりたい
31日はハロウィン。
いつのまにあんなメジャーになったのか

娘はハロウィン好き
去年もおとどしも、友達呼んでハロウィンパーティしたが、
その都度喧嘩し、拗ねるので今年は開かなかった。

ということで、いとこの誕生会に、
魔女の帽子とかぼちゃの着ぐるみみたいなやつを持っていき、
ハロウィン気分を味わってたようで、
妻からその写真が送られてくる。

かぼちゃの着ぐるみは、娘が年少のときに買ったやつ

引っ越してきて、保育所の空きがなく、
仕方なく幼稚園通わせ預かり保育をしてたとき、
その幼稚園は、幼稚園が終わったあと、
体育やら英語やら色んな塾が教えにきてくれる制度があった

そのうち英会話の教室でハロウィンがあったときに買ったもの

いつも預かり保育でひとりぼっちだから、
その日は僕が昼間に来ることを喜んでいた娘

可能なら仮装の衣装をと書いてあったので、
慌てて東急ハンズで買ったもの

僕が教室にいくと、寄ってくる娘。
袋から着ぐるみを渡すと・・・

・・・

明らかにテンションが低い。

周りをみると、年中組、年長組の子は、
シンデレラとか白雪姫の格好をしてる。

そこまでする?ちょっと引きながらも、
テンション低い娘が気になる。

終わったあと、園庭で遊びたいというので、二人でいっぱい遊び
ご飯を食べて、いざ寝ると言う時、娘がポツリといった


本当はお姫様になりたかったんだ。、


あれから、ディズニーランドにいって
ビビディバビディブテック申し込んだり、
シンデレラの衣装でシンデレラ城の晩餐会参加させたり、
お姫様っぽいことはしてきた。

時がすぎ、その衣装は、メルカリで高値で売れた。

お姫様になりかったといった娘は、
ただのグータラと化した。

親はふとしたときに、子どもの何気ない一言を思い出すのだろう。
社労士試験していると、子どもが一番楽しみな夏休みを一緒に過ごせない。

今年は少しでも早く勉強して、子どもと遊ぶ時間作ろうと思うものの、
勉強しないまま10月が終わった。

ただのグータラと化したのは父も一緒だ。
【今日の勉強時間 0.0時間】

2019年10月30日(水) 年功序列
僕のいる会社は年功序列。
男性・女性関係ない
基本的に前後することはない。

いやいやおかしいやろ、
能力がある人が上るべきと言う人も多い。
もちろん年功序列だが全員上がるわけではない。
基本的にあがるだけで、上がらない人も中にはいる。

年功序列は、ダメだとと言う人もいるけど、
本当にそうなのかなぁ

年功序列だから、
先輩は後輩に惜しみなく教える。
自分たちもそうしてもらったから。
下が育てば自分も楽になる。

そして何なり、仲がよい。
争わないから仲がよい、
頼まれたら助ける。助け合い。

特に前も書いたが就職超氷河期に入ったので、
当時は採用される人が少なかった。
だから、みんな仲がいい。

仕事の効率は、
人間関係で大きく変わる。

競争をあおるより、仲が良い方が効率的と思うんだけど、
甘いのかなぁ

社労士になって独立すると、
自分の力で切り開かないといけない。
自分の力で勝負してみたい気持ちもおるが、
ないものねだりなんだろうなぁ
【今日の勉強時間 0.0時間】

2019年10月25日(金) 成長速度
1歳3ヶ月になる下の子は、歩き回るのがすきで、ベビーカーに乗らなくなった。
最近はゴミを集めていると、ゴミ箱を持ってきてくれる。
頭を撫でて偉いねというと、手を叩き喜ぶ。

ゴミ箱にゴミを捨てるのも好き。
褒めてもらえるとわかったのか。
ただ、リモコンやら、DVDやらなんでも捨てる。

妻曰く最近は話せるようになってきたんちゃうかと。
保育所の先生にも言われたらしい。
ママ、マンマ、アンパンマンは違いが理解できているのではないかとのこと。
全て同じに聞こえるのだか。

9歳になる上の子は、ただただ残念になってきた。
野菜嫌いの娘。

野菜も食べなさいというと、
野菜は食べたよと返答
野菜残ってるやんというと、
野菜は食べたよ。食べきってないだけと返答。
食べきれとは言われてないとの主張。イライライラ

後日、プレートに野菜が残ってるので、
プレートの上の野菜も食べなさいというと、
プレートをひっくり返し、プレートの上の野菜はなくなったと返答。イライライラ

いつ野菜食べるねんというと、
しょっちゅう食べてると。
食べてないやんというと、
おもむろにキッチンの棚からあるものを取り出した、
これ食べてると。
これとは、サッポロポテトのベジタブル味
ポテトだし、ベジタブルって野菜でしょと。イライライラ

言葉を覚えようとしている息子。
ただただ屁理屈をいうようになった娘

そして、父は・・・
言葉を忘れていってる。

最近、あれ、これ、それの激しいこと。

社労士試験暗記できるのだろうか
【今日の勉強時間 0.0時間】

2019年10月23日(水) 再起動
最近、労基のテキストを読み始めた。
今年もi塾に申し込んだ。
いまいちやる気にはなっていないが、
割引期間を考え申し込んだ。

ずのみさんや、海音さんは
つぎに向かっているが、
残念ながら、まだとどまっている。

社労士試験、
もしももしも
受かっていても、転職しない自分。
それは、来年受かってもそう。
なんのために社労士試験受けるのか、
それがないままの再起動である。

就職超氷河期に、
新卒で今の会社に無事就職
当時はすごい倍率で親がよころぶ会社

ありがたいことに、
安定はしてるし、収入もそこそこだし、
福利厚生はいいし、めちゃくちゃ休みやすい。
職員同士も仲がいい。
社労士の勉強をすればどれだけ恵まれているか分かる。

だから、仕事を辞めることがない。
妻は仕事を辞めないから、社労士の勉強することに反対しない。

もしも、今の会社を辞めることになったら、
自分はなんにもできないな。
それがあって勉強し始めた社労士。
あくまでもしもで、そんな時は来たら困るのは分かっている。

今のままなら、受かっても
ただ、「俺、社労士の資格もってるねん」と一言言えるだけ。
仕事で役に立つことも、それで手当てがもらえることもない。
なくても困らないのが現実である。

じゃあなんのために受けるのか

結局それがない。
その答えがでないまま、
再起動した。

勉強して、
ずのみさんや、海音さんはじめみんなと会えたり、
勉強してよかったことはいっぱいある。

社労士の勉強したことに後悔はない。

後悔はないから、また申し込んだ。
うかったら、また気持ちも変わるのかな。

とりあえず来年にむけ再起動です。
とりあえず年アドは諦めます笑
【今日の勉強時間 0.0時間】

2019年10月15日(火) 強さとは
強さとは色々あると思う今日この頃。

のんのんさん

日記拝見しました大丈夫ですか?

恐怖を恐怖と認め、
冷静な行動をとれたことは、強いと思いますよ。

何も笑い飛ばせることが強さではなくて、
己のことを、理解し認めて、行動できるのは強さだと思います。

そして心配してくれる人がいることは、
それは強みじゃないでしょうか
こういうときに駆けつけてくれる友人がいるのは
誇れることだと思います。

気をつけてしか言えないけれど、
同じ時期にライターした身として、
これからも無事であることを願います。

おまめ3号さん

いつも日記読んで陰ながら応援してます。
会社の状況、病気されても、
試験を受けられるのはほんと尊敬します。

すぐに辞めるのではなく、
試験結果で見返そうとされるのは、
立派です。

おまめ3号さんの日記みて、
嫌な上司に、一緒になって、
このダメ上司はやく違うところに異動したらいいのにと
願ってます。


ストーカーにしろ、職場の人間関係にしろ、
世の中には、大なり小なり様々な理不尽があって、
立ち向かうとか、耐えるとか、助けを求めるとか、逃げるとか
対処法は様々だけど、

どんな対処法をとれ、
前を向こうとできていることは、
充分強いと言っていいじゃないでしょうか

前を向き来年見据えて勉強されようとしている姿勢は、
尊敬できます。


話変わって、
うちの娘が昨日夜ぎゃーぎゃー叫んでた
話をきくと、廊下にカメムシがいて、
怖くて部屋に戻れないとのこと。

このままカメムシ家にいたら、
怖くて学校から帰ってこれないとか言い出す始末

残念すぎる・・・

世の中に出れるのだろうかうちの娘は。
もうすこし強くなって欲しい。
【今日の勉強時間 0.0時間】

2019年10月13日(日) 大丈夫ですか
ライターの皆さま
この日記を読まれている皆さま
台風被害は大丈夫でしょうか

仕事柄、
台風来ると仕事が増え
被害がでると尋常じゃないぐらい仕事が増える

ニュースとかみて、この被害なら
ほんまにえげつないレベルになるな
とぞっとする。

それぐらい被害が大きい。

研修で仲良くなった同業他社の人たちからは、
河川が氾濫し、大変というLINEがあった。

まずは命です。
命が一番。

そのあとで、
保険とか自治体の減免とか
使えるものはすべて使いましょう

まずは命が一番です。

みなさまの無事を願います。
【今日の勉強時間 0.0時間】

2019年10月10日(木) 泣ける
泣ける
仕事中ふと目にして記事で涙がでた。

私は3年連続して同じ子供達を担任してきた。初めは2年生から上がってきた小さい小さい子供達。それが最後は6年生に向かう大きくなった子供達。とても素直な児童で、行事にはまっすぐ一生懸命、学年の仲が良くみんな前向きな児童であった。「そんな子達が大好きですよ」学級通信を通じて子供のいいところを発信していたが、ほんとに毎日が成長であった。初めは小さな事で喧嘩もありながら、ちゃんと自分で反省し、仲間に優しくできる子達である。職員室が怖かった分、毎日子供といる時間が幸せでたまらなかった。「ずっとこの子達と一緒にいたい」そう思える子達だった。クラス全員で誕生日に手紙を本にしたプレゼントを用意してくれる温かい心も持っている。失敗しても「ドンマイ」と声をかけられる思いやりもある。どんな先生やお友達でも同じ目で、平等な目で見られる正義感のある子達である。運動場で「めんどくさい」とも言わず、クラス全員で遊ぶ無邪気な一面もある。これからもずっとずっと君たちの笑顔は先生の宝物であり、生きがいです。ありがとう。

 そして、一つ、、、

 先生はよく「いじめられたら誰かに相談しなさい」と言っていましたね。しかし、その先生が助けを求められずに、最後は体調まで崩してしまいました。「ごめんなさい」今の先生だからこそ、お願いです。辛い時、悲しい時自分一人で抱え込まずに、誰かに相談してください。必ず、誰かが手を差し伸べてくれます、助けてくれます。いつか、みんなの前でまた元気になった姿を必ず見せに行きます。その日を夢見て先生も頑張ります。 

神戸新聞NEXT記事より

神戸市でいじめられてた先生から、クラスの子たちへのメッセージ。
自分がしんどいのに、子どもたちを励まし、教育するメッセージ。
先生の想いは伝わると思う。

教育委員会は仕事がら接すること多かったが、
やっぱりおかしな先生は多い。
きつい言い方をすれば、子どもたちしか相手にしないから成長がない。
独特のルールで生きている。

親族にも教師はいるし、
娘の担任もすごく熱心な先生がいてくれた。
教師とコンパしたりもしたことがある笑
色んな教師がいるのは分かってるが、

神戸市のいじめていた先生たちは許しがたい。
懲戒免職だろ。犯罪だよ、あれは。

あんな人たちに
二度と教壇に立って欲しくない。

被害に合われた先生が元気になって
子どもたちの元に戻ってこれますように。
先生に大切に思われている子どもたちが、いじめをしない優しい人に育ちますように
【今日の勉強時間 0.0時間】

2019年10月8日(火) 子育ては難しい
昨日は、娘が運動会の休日。
朝は実家に預けて、昼から面倒をみる。
夕食時に家族全員が揃うことなかなかないから、
娘はすごく嬉しそう。

今日は本社で仲の良い後輩としゃべってると、
彼も昨日は娘が学校休みだったので
有給を取っていたことがわかった。
でも、彼の娘は、血の繋がった娘ではない。

彼は、同じ職場の女性の先輩
(僕から見たら2人とも後輩)と同棲している。
同棲している彼女は、子どもがいる。

「本当の親じゃないくせに」

殺したらダメだけど、怒る気持ちはわかるんですよね。とは彼の言い分、

血の繋がってない、娘のために、
学童迎えにいったり、休んだりしてる彼。
そう言われたらたまらないだろうな。

本当の親になるために、早く結婚したらいいじゃんというと、
それとこれとは別なんですと笑う彼。

僕の後輩の中には、
同棲中のその彼の彼女も含めて、
子どもがいて、×がある女の子たちは、再婚はしていない。
異口同音に彼氏は欲しいんですけどねとは笑う。

我が家は、上の子は女の子だから、
妻が再婚して、他の男性と結婚することがあれば、
その家には娘は置いとけないとは思っている。
(離婚話があるわけではありません)

自分の子でも大変なのに、連れ子育てるのは、本当に大変なんだろうな。
連れ子を育てる方もたくさんいらっしゃるので、ほんと尊敬する。

親たちがどんな選択をしようが、
子どもたちはその影響を受ける。
世の中にはいろんな家族の形があれ、
子どもたちには、ただたた幸せであって欲しい。
【今日の勉強時間 0.0時間】

2019年10月5日(土) 見分けがつかない
娘の運動会

僕の時代の小学生といえば
男子は短パン、女子はブルマ
背の順も男女別

今は、
男子も女子もハーフパンツ
背の順も一緒
もちろん、棒引きも、リレーも男女混合

時代だなぁ
娘が大人になるころには、
当たり前として男女平等の時代が来ているんだろうな
【今日の勉強時間 0.0時間】

2019年10月4日(金) お祝い
昨日は仲の良い後輩の結婚お祝い会。
ひさびさに幹事をやる。

彼女の同期、組合やってた時のメンバーに声をかける。

彼女のお母さんにも会いに行き、
サプライズの手紙をお願いした。
ご両親の手紙はさすがの一言。

でも、一番は、一緒に幹事をやった
女の子からのスピーチ。
職場で親友ができると思わなかったという彼女のスピーチは、
うるっとくるものがあった。
歳をとったからなのかなぁ。

いつからか結婚式呼ばれても、
女性側のお父さん目線になっている自分がいる。
新郎側で呼ばれてもそう。

ここまで来るの大変だっただろうと
感慨深くなる。

うちの娘にそういうときは来るのだろうか
自分のことをわがままじゃないと言ってる娘。
勘違い甚だしい笑
ちゃんと育つのだろうか

父の方は、仕事、幹事で
全く勉強せず😢
【今日の勉強時間 0.0時間】